image
第55回全同志社メサイア演奏会
客演紹介


垣内 悠希(指揮)

2011年ブザンソン国際指揮者コンクール優勝。現在、その将来が最も嘱望される指揮者の一人である。 2012年4月東京フィルハーモニー交響楽団定期演奏会を指揮し東京デビュー。ブラームス交響曲第2番では、「鋭敏な色彩感覚の反映された名演」と評された。 ウィーンを拠点に、フランス国立ボルドー=アキテーヌ管弦楽団、イル・ド・フランス国立管弦楽団、ブリュッセル・フィルハーモニー管弦楽団、ミュンスター交響楽団、 サンクトペテルブルク交響楽団、ウィーン室内管弦楽団、チリ交響楽団等、国内でも東京都交響楽団、読売日本交響楽団、東京交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、 新日本フィルハーモニー交響楽団、札幌交響楽団、京都市交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、群馬交響楽団、広島交響楽団、九州交響楽団、 オーケストラ・アンサンブル金沢等にも客演。2013年にはミュンスター歌劇場でオペラ・デビュー。3月には、小澤征爾氏の強い推挙を受けて小澤征爾音楽塾オーケストラを指揮して好評を博した。 1978年東京生まれ。6歳よりピアノを始め、14歳より指揮の勉強を始める。これまでに小澤征爾、佐藤功太郎、レオポルド・ハーガー、ヨルマ・パヌラ、ジャンルイジ・ジェルメッティ、 エルヴィン・アッツェル、イザーク・カラブチェフスキー、湯浅勇治の各氏に師事。2001年東京藝術大学楽理科を、2009年ウィーン国立音楽大学指揮科を首席で卒業。 次いで2011年同音大劇場音楽科特別課程を修了。2016年より3年間、札幌交響楽団指揮者を務めた。ウィーン在住。


高島依子(ソプラノ)

同志社女子大学学芸学部音楽学科声楽専攻卒業、石村雅子賞受賞。同大学<頌啓会>特別専修生修了。 滋賀大学大学院教育学研究科声楽専攻修了、学長賞受賞。2000年渡伊。キジアーナ国立音楽院で学んだ後、ミラノにて研鑽。 S.ヴァレット、M.フレーニ各氏マスタークラス受講。イタリアを中心にドイツ、オーストラリア、フィンランドにて多数の演奏会に出演。 2002年G.シミオナート国際声楽コンクール優勝等、5つの国際コンクールにて優勝、入賞。帰国後、飯塚新人音楽コンクール大賞、文部科学大臣奨励賞受賞。 第23回京都府文化賞奨励賞受賞。現在、リサイタル、オペラをはじめ、第九、ミサ・ソレムニス、メサイア等の宗教曲、各種コンサートのソリストとして活躍中。 藪下英子、関定子、木川田澄、L.ゴルラ、M.タラメッリの各氏に師事。 関西二期会、京都フランス歌曲協会、京都音楽家クラブ各会員。同志社女子大学学芸学部音楽学科嘱託講師、京都市立京都堀川音楽高等学校非常勤講師。



渡辺 敦子(アルト)

同志社女子大学音楽学科卒業。同特別専修生修了。在学中石村賞受賞。第33回なにわ芸術祭新人賞、第3回長久手オペラ声楽コンクール第2位受賞。 新国立劇場オペラ研修所第2期修了。文化庁在外研修員として渡伊。ロッシーニオペラフェスティバルのコンサートと「ランスへの旅」出演。 アカデミアフィラルモニカ・ディ・ボローニャの声楽ディプロマを日本人初取得。1994年堺シティオペラ「リゴレット」デビュー以後、 日生劇場「カルメン」タイトルロール、新国立劇場「魔笛」侍女Ⅲ、「椿姫」アンニーナ、東京二期会「フィガロの結婚」マルチェリーナ、 「アイーダ」アムネリス、「アドリアーナ・ルクヴルール」ヴイヨン公妃などに出演。その他バッハ「ハ短調ミサ」、ベートーヴェン「第九」 「ミサ・ソレムニス」、ヘンデル「メサイア」、 モーツァルト「レクイエム」「戴冠ミサ」、ブラームス「アルトラプソディ」、ヴェルディ「レクイエム」などのアルトソロを好演。 京都音楽家クラブ会員。



小貫 岩夫(テノール)

同志社大学卒業後、大阪音楽大学首席卒業。文化庁オペラ研修所修了。第13回飯塚新人音楽コンクール声楽部門大賞(文部大臣奨励賞)。 音大在学中、堺シティオペラ『魔笛』タミーノに抜擢され、テオ・アダムら世界的歌手と共演し、デビュー。 この成功により、ドイツ・ケムニッツ市立歌劇場から招聘を受け、同役で出演し、地元紙より好評を得る。98年文化庁派遣芸術家在外研修員としてミラノへ留学。 これまでに06年二期会『コジ・ファン・トゥッテ』(文化庁芸術祭大賞受賞)フェランド、08年新国立劇場『トゥーランドット』ポン、 10年二期会『魔笛』タミーノ、13年同『こうもり』アイゼンシュタイン、日生劇場『フィデリオ』ヤキーノ、15年二期会『ウィーン気質』ツェドラウ伯爵等、 多数のオペラに主要な役で出演。18年7月東京二期会『魔弾の射手』(ハンブルク州立歌劇場との共同制作/P. コンヴィチュニー演出)マックスで出演し公演を成功へ導いた。コンサートでも「メサイア」、「第九」、「レクイエム」(ヴェルディ、モーツァルト)等に実績があり、NHK-FM「名曲リサイタル」に出演。 2017年6月、ピュアハーツよりアルバム「ふたりのしらべ」をリリース。二期会会員。



井原 秀人(バス)

東京文化会館での黛敏郎:オペラ「金閣寺」主演:溝口の成功により、出光音楽賞を受賞。 大阪での作曲者追悼公演は、ABC国際音楽賞、三菱信託音楽賞、大阪舞台芸術賞を受賞した。三善晃:オペラ「遠い帆」、一柳慧:オペラ「愛の白夜」(世界初演)、一柳慧:オペラ「光」(世界初演)、ベルク:オペラ「ヴォツェック」にて主役を務め、絶賛を博す。 オペラのレパートリーは幅広く、一方コンサート歌手としても活躍。作曲者ペンデレツキ自身の指揮による「7つのエルサレムの門」、チョン・ミョンフン指揮ベートーヴェン「第九」、ヴェルディ「レクイエム」のソリストのほか、 新国立劇場、びわ湖ホール、新日本フィル、東響、読響、日フィル等の自主公演に多数登場。これまでに出光音楽賞、村松賞大賞、兵庫県芸術奨励賞、神戸市文化奨励賞、神戸灘ライオンズクラブ音楽賞、松方ホール音楽賞大賞、ブルーメール賞、ABC音楽賞・クリスタル賞、大阪舞台芸術奨励賞、 井植文化賞等を受賞。現在、同志社女子大学教授。



井幡 万友美(チェンバロ)

京都市立堀川高校音楽コース、同志社女子大学学芸学部音楽学科チェンバロ専攻を卒業後、国際ロータリー財団奨学金及びUGS奨学金を受け、米国オハイオ州立シンシナティ大学音楽学部大学院コースに留学。 1994年アーティストディプロマを取得し帰国。同年ソロリサイタルを行い日本での演奏活動を始める。以後国内においてはソロリサイタル、オーケストラとの共演、室内楽、サロンコンサートに出演。 また近年はスイス、フランス、ルクセンブルグ、ドイツなど海外にも活動の場を広げている。2011年ACUSTICA Records(ドイツ)と契約、2012年同社より「J.S.Bach」をリリース。第13回大阪国際音楽コンクールアーリーミュージック(古楽)部門第1位及び特別賞。 京都女子大学 大阪音楽大学講師。フランスシター奏者としても活動中。



高橋 聖子(オルガン)

同志社女子大学学芸学部音楽学科オルガン専攻卒業後、ドイツのシュトゥットガルト音楽大学に留学。1991年同大学院卒業後、フランスのルエイユ・マルメゾン音楽院に入学。 92年同音楽院にて審査員全員一致でExcellence賞、93年Virtuosité賞を受賞。その後パリ市立高等音楽院(現・パリ地方音楽院)に学ぶ。 95年、第1回パリ市国際オルガンコンクールにて、イヴォンヌ・ロリオ賞(オリヴィエ・メシアン最優秀賞)を受賞する。 96年に帰国し、以後リサイタルのほか、国内外のオーケストラや海外のブラスアンサンブル、合唱団などと共演を行っている。 2015年1月には、「藤堂音楽褒賞」を受賞。故マリー=クレール・アラン、故ヴェルナー・ヤコブ、鴛淵紹子の各氏に師事。 現在、同志社女子大学嘱託講師。今年度春学期より同志社大学・神学部の講義を担当する。(一社)日本オルガニスト協会、京都音楽家クラブ会員。



Copyright(c)2015 All Doshisha Messiah Concert All rights reserved.